ランキング

newpost
新着記事

How To
二重まぶた用ファイバーテープとは

目を大きくしたいというのは女性にとって永遠のテーマです。
ここでは二重をくっきり作る二重まぶた用のファイバーテープについてまとめてみましょう。

アイプチに欠かせないアイテープ

二重になりたいけれど、整形するのはちょっと勇気がいる…
そんな方に人気があるのがアイプチです。
アイプチをすれば、手軽に二重になれるので、一重の方も、二重の幅を揃えたい方にもおすすめです。

ぱっちり二重に欠かせない二重まぶた化粧品の中でも、必要不可欠なのがアイテープです。
アイテープはシールのようなテープでこれをまぶたに貼ることで二重のラインを作っていきます。

ファイバータイプのアイテープとは?

二重まぶたを作るために欠かせないアイテープは、片面タイプ、両面タイプ、ファイバータイプがあります。 ファイバータイプはファイバーテープとも呼ばれており、両面タイプのテープを細い糸のような形状にしたアイテープになります。

このファイバーテープをまぶたに食い込ませるようにして、二重の溝を作っていきます。
ファイバータイプは、糸のように細く伸縮性があり、他のテープと比べてまぶたにしっかりと食い込ませることができるので、目を閉じても目立ちにくいです。

またしっかりと二重をキープしてくれるので、周囲からアイプチをしているとバレにくいでしょう。
ただデメリットとしてはファイバータイプを利用する場合、ある程度のコツがいります。

なれるまでは、左右均等に仕上がらないこともあるので、練習が必要でしょう。

またまぶたが厚すぎる人だとファイバータイプを使用できない場合もあります。

ファイバーテープは目頭が隠れている奥二重の人、二重の幅が狭くもっと幅を広くしたい人におすすめのアイテープです。
接着面積が狭いので、まぶたが重たい人は綺麗に二重の線が出ない場合もあります。

アイプチの体験談
ありがとうアイプチ!

最初にアイプチを使ったのは社会人になりたての頃なのでちょっとデビューは遅めです。 私は両目ともどちらかと言うとハッキリした2重だったので化粧をし始めた高校生からアイプチはずっと無縁の物でした。

ところが社会人になりお酒を覚えて、夜更かししたり不摂生が多くなった時に右目だけが朝起きたら奥2重になってしまいました。

最初は寝起きだからかと思っていましたがその日どころかずっと直らず…初めてその時にお母さんのアイプチを借りました。

初めは使い方をよくわからず、べったり塗ってせっかちの私はあまり乾かしもせずに目を開けました。 それはもう酷い見た目でした。

鏡を見なくてもまぶたが変に突っ張ってる感じがあり、何回か試しましたがうまくできないまま諦めてしまいました。

なんとか右目を戻そうとマッサージしたり早く寝たりしましたが全然戻らず、両目の形が違うのが嫌で嫌でもう一度お母さんにコツを聞きながらアイプチを試してみることにしたんです。

筆先を整えて少量を丁寧に塗ってうちわであおぎつつしっかり乾かして目を開ける…すると右目は元の私の目に戻りました。
そこからは毎日アイプチが日課になってかかさず使っていました。
長年使った結果…なぜかアイプチしなくても元のパッチリ2重になりました。

アイプチには本当に感謝です。

目を開いてる時は可愛くなる

生まれつき奥二重だった私が高校生になった時、周りの二重の女の子の可愛さに比べて、自分の細い目つきの悪さに衝撃を受けました。整形はせずに目元が大きくなる方法としてアイプチを使ってみようと考えたのがきっかけです。

液体の筆タイプのアイプチを買い、家の鏡の前で練習をしました。初めは上手くいかずまつ毛まで付いてしまったり、付きが弱くすぐ取れてしまったりと四苦八苦しました。慣れると自分のまぶたに合った幅と液体の量を覚えて出来るようになりました。
すると自分が二重の大きい目元になって可愛くなったと思いました。
途端に満足感と、もっと可愛くなりたいという欲求も出てきました。それからアイプチをした後にアイシャドウを重ねると糊の部分がわかりづらくなるとわかり、化粧がだんだん濃くなっていきました。 ただ難点なのが、電車の中や授業中に眠くなりウトウト寝てしまった時です。
自分では意識がないのですが、近くにいた友人は私が半目で寝ていることに気付き、起きた時に教えてくれました。

まぶたが糊付けされているわけですから、ひっぱられて完全には閉じないのです。意識があり目が開いてる時はぱっちり可愛くなったはずの姿は、無意識の状態は見るも無惨な状態になっていました。それが恥ずかしくてたまらなくなってしまいました。
そのうちアイプチでは満足いかなくなり、私は社会人になって初任給で二重整形をしました。
アイプチは二重になり可愛くさせる手軽な方法の一つではあると思いましたが、私にとっては整形へのきっかけになりました。

目に違和感がすごい!

自分は一重なのでアイプチを使って見ました。また興味本位で100円ショップで買って見たのがきっかけでした。

まず、アイプチを綺麗に貼るのがすごく難しかったので最初は女の子に貼ってもらっていました。
つけていると最初はやっぱり友達から『アイプチしてる?』って聞かれることがすごくあります。
ですが鏡で見るとアイプチをしているだけあって目のぱっちり感や綺麗な二重が作れているのですごくいいなって思いました。

数ヶ月間毎日アイプチをつけていると自然に二重になってきます。

なのでアイプチは自然に二重にできる魔法のような道具なんだと思いました。

人によって誤差はあると思いますが試して見るだけの価値は絶対にあると思いますので是非是非一度買って見て継続してつけてほしいなと思いました。

またアイプチでみんなから『印象が変わった』とか『なんかすごい憧れる目だね』とか言ってもらえるようになりました。

美男美女になりたい方は是非一度アイプチを試して見てください。

二重の大きさがそろって嬉しかったです。

私はもともと二重なのですが、左右の二重の大きさが微妙に違っていて、左の瞼が腫れぼったい気がして、鏡を見る度に左が下がって見えて、とても嫌だなと思っていました。そこで、ダメ元でアイプチを使用してみました。

使う前は、二重の人にも効果があるんだろうかとか、すぐに落ちるんじゃないかと不安だったし、なにより、使ったことが周りにバレバレだったら嫌だなあとあまり期待していませんでした。

私が使用したのは、ウォータープルーフタイプの強い糊で、透明の液体のアイプチでした。説明書通りにアイプチの液体を瞼に塗ってすぐに付属の器具を右の二重の大きさと同じくらいの太さに合わせてぐっと押し込みました。

すると、一瞬で左右の二重が同じ大きさになりました。糊の粘着力はかなりあって、すぐにとれるということもなく、その割に、つっぱらず、目が閉められないなんていうこともありませんでした。

透明なので目立たず、周りに指摘されるということもありませんでした。鏡を見るのが嫌だったのに、嬉しくなり、何度も鏡を眺めました。 心まで元気になった気がします。

アイプチは気軽に二重にできる優れもの

私がアイプチを使い始めたきっかけは、生まれながらにして一重だということが、コンプレックスだったからです。それに、毎朝起きるたびに腫れぼったい一重の瞼を見るのが嫌でした。

そこで、本格的な整形まではしたくないけど、気軽に二重になりたいと考えるようになり、見つけたのがアイプチです。誰でも簡単に二重を作れるので、初めてでも使いやすかったです。

パッケージの説明書き通りに、瞼に薄くアイプチの液体を塗って少し乾かしてから、付属プッシャーで好きな二重幅を作るだけで、綺麗な二重が出来上がりました。

長時間使っていても、アイプチが取れてしまう心配もありませんでした。瞬きしたりしても影響がなかったですし、持ちも良いです。

瞼に塗ったアイプチの液体は、透明に仕上がるので違和感や不自然な感じもありませんでした。小さいサイズなので、ポーチなどに入れておきやすいです。アイプチは私にとって、時短で二重が作れる優れものアイテムです。

もうやめられない!

私は一重ではないけれど奥二重で左右のバランスも少し違います。どちらかと言えばきりっとした顔立ちではあるものの、もう少し目力があったらいいのに!と思ったのがアイプチをしたきっかけでした。

はじめて使った時は、これはもうやめられない!と思いました。鏡を見るのが少し楽しくなった感じがしました。ただ少しずつメイクの仕方を変えたり、アイシャドウを変えたりしていると、アイプチと相性が良かったり悪かったりと使い分けも必要になってきました。

私の場合は元々の二重が強いのか、なかなか思い通りの二重にできず二重の幅を塗って乾かすタイプのアイプチを使っていたので、塗った部分には淡いカラーのアイシャドウを合わせることができず、濃いめのアイシャドウでアイプチを誤魔化すようなメイクばかりになりました。

今はアイプチをしてみたり、しなかったりしてアイシャドウに合わせてアイプチをするようになりました。少し歳を重ねるだけで多少なりともまぶたが変わるし、それに合わせてアイプチも楽しめればと思うようになりました。

瞼が違和感ありありで……

学生時代、仲の良かった子がアイプチを使って二重を作っていることを知り私も購入してみました。 友人いわく「慣れればすぐうまくできるようになるよ」とのことだったので、早速チャレンジ。

これがなかなか難しい。瞼の上に二重幅の半円を描くように白いのりを塗り、小さなフォークみたいな専用器具で瞼をよいしょっと持ち上げ乾くまで待ちます。すると自然な二重ができるはず……だったのですが。

いざやってみると二重の幅が広すぎて誰?みたいな顔になったり、のりが乾ききらず白い瞼のお化けみたいになったり、半分しか二重がくっついてくれなくてコメディみたいな顔になったり。

とにかく自分が思っている普通の二重の顔が作れない!!友達は慣れればうまくいくと言ってたけれど、慣れるまでに何回この変な瞼の、奇妙な二重顔と格闘しなければならないのだろうと途方にくれましたね。

私が不器用なだけなのか、それともELANだアイプチが悪かったのか、そもそも私の瞼にアイプチがフィットしないのか。理由は分かりませんでしたが、結局その後もアイプチをして外出することはありませんでした。
今はもっと簡単なアイプチが出てるのかな?友人はその後、アイプチ人生をやめ二重整形に踏み切りました。やっぱり毎日のアイプチは面倒だったのかなと思います。

簡単に二重になれるアイテム!手放せない

小学校高学年になった頃から、一重まぶたのことがコンプレックスに感じるようになりました。友人たちは二重まぶたの子が多く、どうして自分は二重まぶたじゃないんだろうと一重まぶたの父を恨みましたね。

高校生の時、同じ一重まぶたの友人がある日突然二重になったのでびっくりしました。アイプチを使ったと言うのです。二重まぶたになった友人がとても眩しく感じて、嫉妬しましたね。友人からアイプチをすすめられ、私も使ってみることにしたんです。

難しそうだなと思いました。最初はアイプチを塗りすぎて、不自然な二重まぶたになってしまったりすぐにとれてしまうなど失敗を繰り返しました。不器用なんです。でも何度も諦めずに使うことでだんだん慣れてきて、自然な二重まぶたを作ることができるようになりました。すごく嬉しかったです。

肌が弱っている時に使ったら赤くなってしまったり痛くなったこともありましたが、基本的には問題ありませんでした。私はまぶたが薄いので二重になりやすくて良いです。

慣れが大事です。

目が小さいことがコンプレックスだった私ですが、高校生の頃から少しずつメイクをするようになり、友人がアイプチを使っていることを教えてくれて私も使ってみようと思いました。最初の頃は慣れず、上手く使うことが出来なくて瞼が突っ張っているような感じがとても違和感でした。

メイクした後もいかにもアイプチを付けている。という感じで慣れるまでには少し時間がかかりましたが、今となってはもうアイプチは欠かせないアイテムになりました。

私は瞼が重たいのでぱっちり二重にはならないものの、何もしなかった時はまつ毛が瞼の重さで隠れてしまっていたものが、アイプチをする事によってまつ毛がしっかり見えるようになり目力が上がったと周りからも言われます。
アイプチをしていなかった当時を知る友達も今の方がいい!と言ってくれます。

自分の印象を変える、コンプレックスを克服するのに必要なアイテムだと思いました。私はアイプチを使って少しですが、自分に自信がつきました。

本当に二重になって感謝しています

私は珍しい目をしていて、左目は二重だったのですが、右手は一重でした。
高校生の頃、どうしても二重になりたくて毎日アイプチをして二重にしていました。

毎朝するのですが、初めの方は時間がかかっていたのですが、だんだん慣れてきてすぐにできるようになりました。だんだんまぶたの感じが、二重になることに慣れてきたのか、自然に線の跡がつくようになり、それに合わせて毎日するようになりました。

形も元から二重の左目に合わせるだけだったので、楽だったです。たぶん一年くらい使っていたと思います。ある朝いつものようにアイプチをしようと目を見たら、自然に二重になっていました。 でもこれは一日だけかもしれない、と思っていたのですが、次の日も次の日も朝自然な二重になっていたのです。
たまたま二重になりやすい目だったのかもしれないですが、あれから一重に戻ることはありません。
自然に二重になることができたので、感謝しています。コツをつかんで毎日続けたら二重が固定される人もいると思います。